トップページ>お薬について
お薬について
医薬品の分類は、医療用医薬品と一般用医薬品とに分けられます。医療用医薬品は医師又は歯科医師によって使用され又はこれらの者の処方せん。もしくは指示によって使用されることを目的として供給される医薬品です。ようは、『お医者さんからもらう薬』ということです。 患者の病状に合わせて処方されるので薬理作用、副作用があり、 消費者が簡単に購入できる物ではありません。そして、一般用医薬品は消費者が薬局・薬店などで、直接購入できる物を指します。こちらは医療用医薬品と違い薬効の確保と副作用の減少、品質劣化の防止などに工夫がなされています。
その通りです。でも、水よりもぬるめの白湯の方がより良いでしょう。なるべくコップ一杯ぐらいの量で飲むようにしてください
薬を牛乳やグレープフルーツジュースなどで飲むと… 一部の薬では効き目が弱くなったり、逆に強くなったりすることがあります。
薬を水なしで飲むと… 食道の途中で引っ掛かり、粘膜を傷つけて食道炎を起こしたり、潰瘍をつくったりすることもあります。
薬を水なしで飲むのはやめましょう。しかし水を制限しなければならない病気(心臓病・腎不全など)もありますので、このような場合には医師や薬剤師に相談して下さい。
薬の服用時間は、薬の作用や使用目的により、食前、食後、食間などと定められています。
【食前】 食事の1時間~30分前ぐらい
【食後】 食事後30分くらい
【食間】 食事をしている間ではなく、食事と食事の間、つまり食後およそ2時間くらいを目安としています。
薬は一般的に体内で吸収されて、ほぼ一定の時間だけ効果を発揮し、その後、分解され体外に排出されます。薬が効いている時間は薬の種類や剤形によって異なり、ほんの数時間のものから12~24時間以上効いてるものもあります。ですから、定められた回数や時間を守らないと、治療効果が上がらなかったり、ときには副作用を生じたりします。薬は決められた服用時間にきちんと飲むようにしましょう。
錠剤やカプセルを水なしでそのまま飲むと、薬がとけにくくなって効き目が遅くなったり低下したりします。口の中などに付くと炎症を起こす事もあります。「コップ1杯の水で飲みなさい」というのは飲みやすさと薬を効きやすくする、という為なのです。
錠剤のコーティングやカプセルは、苦味を防いでくれると同時に、「いつ、どこで、とけて作用させるか』を微妙に調節するという、とても重要な役目を果たしています。錠剤を噛み砕いたり、カプセルを外して飲んだりするのは、薬を効かなくしているものです。そのままの状態で服用する事が原則です。
 Copyright © 2012 MITO PHARMACIST MEETING All Rights Reserved