トップページ>薬局について
お薬について
いわゆる 「 まちのクスリ屋さんは 」 、法律上、薬局、一般販売業、薬種商販売業に分類されます。
薬局とは 大衆薬の販売ができて、さらに医師の処方せんを調剤することができるところです。もちろん、調剤師がいます。
一般販売業とは 調剤はできませんが、薬剤師を置くことが義務づけられています。
薬種商販売業とは 薬剤師がいなくても必要な知識や経験があるかどうか、都道府県の実施する試験に合格すれば開業できますが、販売できる大衆薬の範囲が制限されています。
さてそう考えると、皆さんが医師にかかり処方せんを受け取ったとき、これをもっていく先は「 薬局 」ということになりますが、じつはさらに、薬局には健康保険の扱いができる「 保険薬局 」 とそうでないところがあります。ですから、処方せんは必ず 「 保険薬局 」 とか「 処方せん取り扱い 」 といった表示のある薬局にもっていくようにしましょう。
医療分業は、医師が診察・診断をおこなって患者の治療方針を決定し、薬剤師が医師の発行した処方せんにもとづき調剤するという一連のシステムです。医師や薬剤師が、それぞれの専門性を十分に発揮し、薬を二重にチェックすることによって、より患者の治療に貢献しようとするものです。

◆薬局を上手に利用して、いろいろなサービスを◆
また医療分業は、「処方」という患者の医療内容をオープンにする重要な仕組みであるともいえます。最近は「医療の公開」とか「患者の知る権利」などという言葉をよく聞きますが、このようななかで、患者自身が自分が使う薬が何であるかを自然に知ることができることは、非常に重要な意味をもちます。医療分業は、患者が薬局にも足をはこばなければならないとか、また病院などから直接薬をもらう場合にくらべて若干負担額が増えるなど、たしかに手間やお金がかかるところもあります。しかし、薬局を上手に利用すれば薬歴簿などをとおして、いろいろなサービスをうけることが可能です。
「 薬歴簿 」 とは、薬局が患者さんごとに薬に関する情報を整理し記録したものです。具体的には、薬の使用歴をはじめ、患者さんからお聞きしたアレルギーなどの有無薬を服用しておこった副作用などが書かれています

◆とても役に立つ薬歴簿◆
薬局では調剤をする場合、この薬歴簿を参考に、ほかの医療機関で処方されている薬と重複や相互作用はないか、過去にひどいアレルギーをおこしたような薬はないか、さらに日ごろ使っている大衆薬との飲み合わせは悪くないか、などをチャックしたり説明したりします。また大衆薬の販売時や緊急の相談の場合には、より適切なアドバイスをするために薬歴簿はおおいに威力を発揮します。薬局で、個人のことを話すのは最初は抵抗を感じるかもしれません。しかし
薬歴簿はプライバシーにかかわるものですから、厳重に管理されています。ご安心ください。
薬は人の命や健康にかかわるものですから、薬局は薬をしっかりと管理して、ミスのない調剤をするところでなければなりません。つぎのようなポイントで薬局を選んでください。

POINT
薬暦簿などを参考に、薬の重複やアレルギー暦がないかなどをしっかりチェックして必要があれば処方医に問い合わせている
薬を渡すときは親切丁寧に必要な説明をしてくれる
大衆薬の販売では、購入者に症状をよく聞き、症状にあった最適なものをすすめている
必要があれば、医師への受診をすすめている
薬について何か心配なことがあったとき、気軽に相談にのってくれる
基準薬局を知っていますか
これらの 「 親切になってくれる薬局 」 「 自分にあった薬局 」 を選ぶのは、意外とむずかしいことかもしれません。そこで 「 基準薬局 」 をご紹介します。
これは都道府県薬剤師会が、責任をもって業務をきちんとできるかを審査して認定した薬局のことです。薬局選びの目安にするとよいでしょう。
 Copyright © 2012 MITO PHARMACIST MEETING All Rights Reserved